このサイトでは現代の見本市について紹介をします。
今では見本市や展示会を実施するところがなくなり、大半がバーチャル展示会というインターネット機能を活用して実施をされるようになりました。
一体どんなサービスなのかわからないという方も多く、その概要を解説するニュースはあまり報じられません。
そこでここでは、事例を見ながらどんな内容なのかを詳しく見ていくので、これから実施をするまたは参加をするという方がいたら、参考にしてくださいませ。

参考事例でバーチャル展示会のサイトをご紹介!?現代のトレンドはどこにある?

参考事例でバーチャル展示会のサイトをご紹介!?現代のトレンドはどこにある? バーチャル展示会はとてもトレンドなイベントとなっており、企業関係者だけでなく一般でも参加ができるようになりました。
実際に2020年から今日までの間に参加をしたという方も大勢いるでしょう。
そのなかでバーチャル展示会でしか体感できないサービスもあります。
その事例を見ていくと、担当者から詳しい説明が聞けた・いいヒアリングを実施しているという声を聴くことができました。
今までの展示会のスタイルでは、あくまでも参加者は見るだけに徹したいたので、各商品の魅力を知ることはできなかったものです。
しかし、事例でも見た通り今では双方向でやり取りができるので、最大限にバーチャル展示会の機能を活用して利用できるようになります。

自社サイトを活用してバーチャル展示会を成功させましょう。

自社サイトを活用してバーチャル展示会を成功させましょう。 自社サイトの活用方法は様々ではありますが、この記事では一風変わった活用方法であるバーチャル展示会において効果を発揮させることの重要性について皆様に紹介していきます。
会社のサイトと言うと、きれいなパワーポイント素材や写真または精錬された文章を使って、自社の商品や会社の理想や理念についてインターネットユーザに紹介すると言うような、どちらかと言うと会社からインターネットユーザに対する一方的な情報発信でした。
しかし、インターネットユーザについても、そのような一方的でものなく積極的にこちらから見たい情報にアクセスしたいと言う要望は今後ますます活発になってくると予想します。
そういった意味でも、片方ではなく双方向的な意思疎通を自社サイトを通じて実現することは、今後の課題とも言えるでしょう。
そこで自社サイトのインターネット環境上でバーチャル展示会を実施しましょうと言う提案になっていきます。
このサイトは展示会と言う表現にもあるように、ユーザが見たい場所に自ら足を運ぶ、ネット環境上の文言で言うと閲覧することができるため、双方向正しい情報がやり取りされることが実現します。
まさにこれこそが未来の情報共有のあり方ではないでしょうか。

バーチャル展示会の費用の相場やできるだけコストを抑える方法を把握しよう

これから実際にバーチャル展示会に出展するとなった場合には、どの程度の費用がかかるのかは非常に気になる部分です。
出展費用の相場のイメージを事前につかんでおくことが求められます。
相場は開催するイベントの規模の大きさ、また出店スタイルはどれを選択するのかによっても大きく異なります。
10万円程度でできるものもあれば、なんと1200万円もの大金が必要なケースも出てきます。
このように大きな開きがあることがわかりますが、シンプルなブースにすることで、20から30万円程度でも出展することが可能です。
ブース内でセミナーを行う、展示会主催者から手厚いサポートを受けたいなどのように、企業がどのようなことを求めるのかで、料金は大きく変動するといえます。
その結果として、イベントにより同じ展示会であったとしても、1000万円以上の開きが生まれることもあるのです。
バーチャル展示会の相場には大きな幅があることがわかりますが、料金が細分化される事は、企業に合わせたサポートのカスタマイズができる事でもあります。
必要なコンテンツだけを選択してコストを抑えることが可能です。

バーチャル展示会は参加者の行動データを取得できることも魅力

日本も新型コロナウイルスの影響を受けて、多くの人が集まるイベントが中止されています。
企業が実施している展示会もその一つです。
多くの人が参加するわけなので、中心することになるのは仕方ないです。
それでもオンライン上で行うバーチャル展示会を活用する企業が増えています。
オンライン上なので人が集まることを心配する必要がありませんし、会場代がかからないためコストが抑えられることも魅力です。
バーチャル展示会は行動データを取得して、それをビジネスに活用できます。
年齢や職業、どのようなブースを見たかを知ることによって、その人のニーズを把握することが可能です。
ただ、行動データを上手く活用できるかは、利用する企業によって変わります。
データを得ることができてもビジネスに繋げることができていない企業がある現状があるので注意が必要です。
また、バーチャル展示会も集客できなければ意味がありません。
多くの人が参加するバーチャル展示会を選ぶべきです。

バーチャル展示会における集客の成功のポイントを抑えよう

バーチャル展示会において集客を成功させるポイントとしては、まずは企画の段階からしっかりと考える必要があります。
リアルな展示会と同じように、どのような目的で開催するのかを考えた上で、目的とテーマ設定、ターゲットの設定や目標の来場者数をしっかりと考えることが重要です。
そして準備段階として顧客情報を取れる仕掛けを入れておくことが重要です。
顧客情報を取らなければ、後から一体何を目的にやっているのかがわからないということにもなりかねません。
資料のダウンロード、ウェビナー開催などを利用して、顧客情報をダウンロードできる仕組みを構築することが重要です。
メルマガや自社ブログ、ホームページなど、様々なメディアを使い告知を行い、見込み客を事前に集めるようにしましょう。
展示会のように営業が招待状を配布する、広告を使い告知を行うのも有効な方法と言えるでしょう。
もしも商談を目的にするのであれば、メインの開催期間を設定することが望ましいです。
限定期間の間にイベントを行うなどして盛り上げ、バーチャル展示会の価値を上げ集客に努めましょう。

バーチャル展示会を開催するにあたっての注意点を把握しよう

バーチャル展示会を行うとなった場合には、まず最初にプラットフォームを決めなければなりませんが、最適なサービスを決めるためにもいくつかの注意点を把握しておくことが大切です。
その一つがなぜ展示会を行いたいのかを明確にすることです。
自社商品を広める、見込み顧客を増やすなど、様々な理由がありますが、その理由を明確にすることによって、どのバーチャル展示会が自社に合っているのかがわかってくることでしょう。
開催の内容や予算によって出展者や出店する商品やサービスが大きく異なります。
なぜ行いたいのかを明確にした上で、どのプラットフォームが良いのかを決定することにより、その良さを最大限に生かすことにもつながります。
さらには展示会に来場する顧客にも注目する必要があります。
オンラインで開催することから、全国の様々な場所から気軽に参加できることがメリットです。
購買意欲の高い人も多くいますが、それほど高くはなく興味本位で来場する顧客もいます。
購買意欲の高い顧客を獲得するためにも、内容の限定されている展示会に出展するなどの工夫も求められます。

バーチャル展示会を行う際にはプラットフォームの選択が重要

バーチャル展示会は、参加者が自宅やその他の自分の好きな場所にいながら自由に展示会に参加することができる非常に便利なものとなっています。
一般的にはパソコンやスマートフォンなどを利用し参加する形になりますが、特に細かな部分を見るために特殊な技術を利用すると言うことも多いため、そのプラットフォームを十分に注意して選ぶことが参加者を増やすための重要なポイントとなります。
テレビ会議形式では近年ズームが非常に人気となっていますが、一般の人が参加する場合にはこれは非常にハードルの高いソフトウェアであることも少なくありません。
そのため、より身近に利用することができるものを選ぶことが重要です。
スマートフォンのブラウザなどで簡単に参加することができるように工夫することが、バーチャル展示会を成功させる上では重要なポイントとなっています。
このプラットフォームの選び方が、バーチャル展示会では非常に重要なポイントとなることを意識することが大切です。

バーチャル展示会には多様なメリットが存在する

バーチャル展示会には、多様なメリットが存在します。
イベント会場で行う展示会とは違い、場所や時間を選ばなかったり、少ないコストで実施出来たりといった利点が存在するのです。
バーチャル展示会を提供する事業者では、ブースに計測システムを備えるところも見られます。
展示会を来訪した方が、どのような商材に興味を持ったかや、どういった行動を取ったかについてを、逐次調べ上げていくことが出来るのです。
昼夜を問わずに、展示会を開催できるのが、バーチャル展示会が持つ特徴です。
売り上げ状況が芳しくない際には、急にイベントを開く必要が生じるでしょう。
バーチャル展示会であれば、会場の手配を伴うことなく、手軽にイベントを開くことは可能です。
展示会を開催する事業者では、過去事例の案内も行います。
インターネットを使った展示会では、それぞれ開催の趣旨やユーザーの傾向に違いが見られます。
幾つかの事例を比較しながら、自社に適した事業者を選んでいくことが大切です。

バーチャル展示会のデメリットについての解説

バーチャル展示会のメリットとして地理的・空間的な制限をなくすことによって、遠隔地からリアルタイムにイベントの内容を把握することが可能な点です。
会場に向かう時間的なコストも削減できるため効率化に繋がることや、基本的に人数に制限が無いため非常に多くのユーザーに見てもらうことが可能になります。
一方でバーチャル展示会にデメリットが無いのかと言えばそうでは無く、視覚と聴覚以外の要素を提供できない点があるのです。
例えば食品展示の場合、見た目だけでなく香りや味も重要な要素ですが最終的には実際に試食などをしてみないと判断が付かないでしょう。
重要な設備投資というものについても、実際の実物を見ないと自社の製造工程に合致しているのかもわからないのが実情なのです。
このため、内容を把握するという意味では有効で仕様などの情報で求めているものを絞り込むことは可能かもしれません。
いずれにしても、おおくのものは直接確認する過程を外すことはできないのです。

バーチャル展示会にはトラブルに対応できるサポートスタッフを配置

バーチャル展示会の開催中には、予期せぬトラブルが起きる可能性が高いです。
たとえば通信機器の故障や回線状況の悪化により、接続エラーが発生することはよくあります。
短時間で解決するなら問題ありませんが、普及までに時間がかかるとビジネスチャンスを逃すことになりかねません。
普及できないまま長時間展示物を閲覧できないと、見込み客への不信感を高めることにもなりかねないので、あらかじめトラブルが発生することも織り込み、バーチャル展示会には専門のスタッフを常駐させておくのがおすすめです。
専門のスタッフが常駐すると通信エラーが発生したときにも迅速に原因を特定して復旧させ、バーチャル展示会をスピーディーに再開させることができます。
またチャットツールの使い方などをサポートするスタッフも重要で、事前に体制を整えておけば見込み客との商談もスムーズに進められるでしょう。
サポートスタッフは、バーチャル展示会を成功させる大きなカギです。

バーチャル展示会はスマートフォンで参照できる

バーチャル展示会は、スマートフォンを使って参照することが可能です。
イベント会場で行われる展示会とは違い、バーチャル展示会では、日時を気にせずに催事を行えます。
インターネット上へのブース設営は、時間や場所を気にしない、イベントの開催を実現するのです。
バーチャル展示会を推進する事業者では、スマートフォン向けのブースを紹介しています。
展示会を開催する際には、ブランドイメージの向上を行ったり、商材の販促を実施したりといった感じで、それぞれ目的があるのが普通でしょう。
どのような目的であっても、期待する効果を実現するためには、自社に相応しいブースを設営することが欠かせません。
バーチャル展示会に携わる事業者の多くでは、事前に受けられる無料カウンセリングが開催されています。
インターネット上の展示会に参画する際には、前もって相談に伺うのが良いでしょう。昼夜を問わずに催事を開催していけば、短期間で多くの反響を受けることが可能になります。
売り上げ向上のための販促手段を考えるのであれば、インターネット上の展示会を活用するのも良いものです。

バーチャル展示会に出展する際には自社の業種に適しているかを判断する

バーチャル展示会に出展する際には、自社の業種に適しているかの判断を行うことが欠かせません。
イベント会場で行われる催事とは違い、バーチャル展示会では時間や場所に囚われないというメリットが存在します。
昼夜を問わずに、好きなタイミングで、商材のアピールやブランドイメージの訴求を行えるのです。
バーチャル展示会を活用する際には、どのような業種をターゲットにした展示会であるのかを確認しておく必要があります。自社が扱う商材に適していなくては、ブランドイメージを毀損したり、売り上げ向上に結びつかなかったりするからです。
バーチャル展示会を特集するサイトには、それぞれの展示会における出展の傾向や特徴が掲載されています。
自社のイメージに適したものであるかや、売り上げ向上に繋がっていくのかを元に、幾つかを比較していくのが良いでしょう。
殆どの展示会事業者では、事前に受けられる無料カウンセリングが開催されています。
自社が求める催事を行えるのかを、前もって伺った方が良いでしょう。

ビジネスマンにとってのバーチャル展示会の利点について

バーチャル展示会とは、インターネット上で開催される展示会です。
会場に足を運ぶ必要がなく、ビジネスマンは自宅やオフィスからでも参加することができます。
リアルな展示会に参加するには会場までの移動時間や交通費や宿泊費などのコストがかかり、展示会に参加する時間も限られているため効率よく情報収集を行うことが難しい場合があります。
バーチャル展示会はインターネット環境さえあればいつでもどこからでも参加することができ、展示会の内容は24時間365日いつでも閲覧できるため自分のペースで情報収集を行うことができます。
リアルな展示会は開催地が限定されるため、遠方の展示会に参加するのは難しい場合がありますが、バーチャル展示会はインターネット上で開催されるため、世界中の展示会に参加することができます。
これにより、ビジネスの拡大や新たなビジネスチャンスの創出につながります。
リアルな展示会では、興味を持った企業や製品の資料請求や商談をするために企業のブースに直接訪れる必要があり、混雑している場合や希望する企業や製品のブースが遠くにある場合などは資料請求や商談が難しい場合があります。
バーチャル展示会では、資料請求や商談をオンラインで行うことができ、時間や手間のかかる資料請求や商談を効率的に行うことができます。

バーチャル展示会は感染症対策にぴったりの手段です

バーチャル展示会は、現代社会において感染症対策にぴったりの手段として注目されています。
特に新型コロナウイルスの流行によって、物理的な接触を最小限に抑える必要が高まった背景から、この新しい展示会形式はますます重要性を増しています。
最大の利点は、参加者が自宅やオフィスからアクセスできることです。
これにより物理的な移動や接触を避けることができ、感染症の拡大を防ぐことができます。
国際的な展示会に参加する際には長距離移動や国境を越える必要がなくなり、さまざまな地域からの参加者が容易に集まることができるでしょう。
リアルタイムのコミュニケーションツールを活用して、出展者と参加者が効果的にコミュニケーションを取ることができます。
ビデオチャットやメッセージングを通じて、製品やサービスに関する質問に答えたり、ビジネスのパートナーシップを構築したりすることが可能です。
これにより、従来の展示会で提供される情報や機会に匹敵する価値を提供できます。
バーチャル展示会は感染症対策において非常に有用な手段であり、今後ますます普及していくでしょう。
これにより、ビジネスや産業界の関係者は安全かつ効果的な方法で情報交換やビジネス展開を行うことができ、同時に環境にも配慮することが可能となります。

バーチャル展示会で費用負担を軽減することができる

展示会を積極的に行うことで顧客に対する商品の認知度を高めることができ、商談につながるものとなります。
新商品がリリースされた時期や、企業では定例でこれらを行っているところも多いものですが、そのためには会場の予約や様々な段取りの手配等を確実に行う必要があり、担当者の負担が増大することが問題となっています。
バーチャル展示会では会場を確保する必要がなく、配信設備を整えることで企業内やオフィスからでも簡単に展示会を開催することができるのが特徴です。
顧客はインターネットを利用してサイトにアクセスし、自分の見たい商品が存在しているブースにアクセスするだけであるため、混雑状況などにあまり関係なく自分の見たい商品などをじっくりと閲覧することができるのもポイントとなっています。
バーチャル展示会の費用はサーバー構築だけで済むため、会場を借りきる場合に比べ非常に安い金額に抑えることができます。
会場設営の手間も省けることから、効果的な方法と注目されています。

どこでも開催できるバーチャル展示会のメリット

天候や周囲の環境に影響されることなく、どこでも開催することができるサービスとしてバーチャル展示会はとても人気です。
より多くの人を集められるように準備を整えることができるので、初めて展示会をしようと考えている企業も安心して利用できます。
特に、バーチャル展示会が人気なのはインターネット環境を整えやすいという背景があるからです。
例えば、一般的に展示会を行う際にはイベント会場をまず準備しなくてはいけません。
しかも、人を集めることが可能なようにするためにはアクセス条件が整っている場所を探さなくてはならないので、それだけでも時間や手前が必要になってしまいます。
この点、低コストでありながらいつでも自由な形で展示会を開催できるのがバーチャル展示会のメリットです。
実際に、宣伝や広告に関しても同じウェブ上で行っていくことができるので非常に効率的に人を集められるようになります。
一般的なユーザーであっても、十分に参加できる形に仕上げられますので非常に魅力的です。

ネットワーク環境を意識したバーチャル展示会の準備の重要性

バーチャル展示会を準備するためには、何よりもネットワーク環境を正確に構築しなくてはいけません。
分かりやすいものでは、サーバーが存在します。
そもそも、バーチャル展示会では多くのユーザーが集まることが想定できますのでそれに耐えることができるだけのサーバーが必要です。
仮に、こういった環境に脆弱性が存在すると人が集まった段階でバーチャル展示会が落ちてしまう可能性も否定できなくなります。
ですから、こういった環境構築を行っていくときには必ず専門家に相談しなくてはいけません。
ネットワーク環境を十分に準備しながら、より多くの人を集めるためにも最善の対応をしておくことが大切です。
さらに、バーチャル展示会では専門的な宣伝や広告も不可欠です。
現実世界で宣伝や広告を作るのではなく、SNSなどを用いたウェブ上での対応が不可欠になります。
専門業者では、こういった対応をするために専門のホームページを作ったりしますのでとても頼りがいがあります。

バーチャル展示会に関するお役立ち情報

バーチャル展示会

新着情報

◎2023/12/8

情報を追加しました。

>ビジネスマンにとってのバーチャル展示会の利点について
>バーチャル展示会は感染症対策にぴったりの手段です
>バーチャル展示会で費用負担を軽減することができる
>どこでも開催できるバーチャル展示会のメリット
>ネットワーク環境を意識したバーチャル展示会の準備の重要性

◎2023/2/15

情報を追加しました。

> バーチャル展示会には多様なメリットが存在する
> バーチャル展示会のデメリットについての解説
> バーチャル展示会にはトラブルに対応できるサポートスタッフを配置
> バーチャル展示会はスマートフォンで参照できる
> バーチャル展示会に出展する際には自社の業種に適しているかを判断する

◎2022/4/26

情報を追加しました。

> バーチャル展示会の費用の相場やできるだけコストを抑える方法を把握しよう
> バーチャル展示会は参加者の行動データを取得できることも魅力
> バーチャル展示会における集客の成功のポイントを抑えよう
> バーチャル展示会を開催するにあたっての注意点を把握しよう
> バーチャル展示会を行う際にはプラットフォームの選択が重要

◎2021/10/13

オープニングムービーでリアルに
の情報を更新しました。

◎2021/8/19

360度ビューとストリートビューの融合
の情報を更新しました。

◎2021/6/30

サイト公開しました