360度ビューで自由に閲覧可能なバーチャル展示会

360度ビューで自由に閲覧可能なバーチャル展示会 コロナ禍の影響もあり、非接触による対応が求められる中で展示会の在り方も大きく様変わりしています。
イベント自体が自粛される中で注目を集めているのが、バーチャル展示会と呼ばれる手法です。
バーチャル展示会は実際の展示会のように360度ビューで出展企業をウェブ上で回ることができ、実際に担当者からの説明も受講できるシステムで臨場感も楽しめます。
システムによって使用は複数ありますが、アバターと呼ばれる自分の分身が出展企業担当者やほかの来場者とコミュニケーションをとれることも可能で実際のイベントとそん色ありません。
バーチャルの最大の魅力としては自分の好きな時間に見ることができるという点で、予定が組みやすいということが挙げられます。
展示会によっては公開期間などは定められていますが、アーカイブで過去の履歴を見ることも出来たりするので汎用性の高い仕組みです。
会場も自席や喫茶店など通信環境さえ整っていれば、見ることが可能なのも魅力です。

バーチャル展示会ならブースを本物そっくりにデジタル再現できる

バーチャル展示会ならブースを本物そっくりにデジタル再現できる 展示会は、自社の商品やサービスを展示してその魅力をアピールすることで商機を掴むことができる格好の場です。
しかし感染症の流行などで、会場を借りて人を集める展示会ができなくなったときに、代わりになり得るものがバーチャル展示会です。
高速通信が当たり前になり、VR技術も進化した現在であればバーチャル展示会のブースは本物そっくりにデジタル再現できます。
むしろバーチャル展示会であれば、資料の配布が容易ですし第三者に見られないように商談を進めることもできます。
ブースの設置と撤去、荷物の搬出と搬入といった手間もかからないですから、効率を考えれば本物の展示会に劣るものではありません。
ただ、ブースのデジタル再現をするためには、それなりの技術を持っていなければいけません。
商品・サービスの開発はできても、そういう方面の技術を持っていない企業もあるのでバーチャル展示会に参加するつもりであれば専門の業者にブースをつくってもらうほうが良いでしょう。

新着情報

◎2023/12/8

情報を追加しました。

>ビジネスマンにとってのバーチャル展示会の利点について
>バーチャル展示会は感染症対策にぴったりの手段です
>バーチャル展示会で費用負担を軽減することができる
>どこでも開催できるバーチャル展示会のメリット
>ネットワーク環境を意識したバーチャル展示会の準備の重要性

◎2023/2/15

情報を追加しました。

> バーチャル展示会には多様なメリットが存在する
> バーチャル展示会のデメリットについての解説
> バーチャル展示会にはトラブルに対応できるサポートスタッフを配置
> バーチャル展示会はスマートフォンで参照できる
> バーチャル展示会に出展する際には自社の業種に適しているかを判断する

◎2022/4/26

情報を追加しました。

> バーチャル展示会の費用の相場やできるだけコストを抑える方法を把握しよう
> バーチャル展示会は参加者の行動データを取得できることも魅力
> バーチャル展示会における集客の成功のポイントを抑えよう
> バーチャル展示会を開催するにあたっての注意点を把握しよう
> バーチャル展示会を行う際にはプラットフォームの選択が重要

◎2021/10/13

オープニングムービーでリアルに
の情報を更新しました。

◎2021/8/19

360度ビューとストリートビューの融合
の情報を更新しました。

◎2021/6/30

サイト公開しました